訳註: これは作業してる最中のもので、本来、訳作業者以外は見えないものです。 訳作業者以外は見ないでください。意味が反対になったりとか当然にあるから、 内容は利用しないでください。この言語への変換作業(翻訳作業)物に関しては、現在、オープンなライセンス条件ではありません。 十進240のコードのキャラクターを<240>に置換してる場合あり
AppendixA.Information

Table of Contents

A.1. Where to get this document
A.2. Guide history

A.1.Where to get this document

このドキュメント(訳註:英語版原著)は現在次のフォーマットが利用可能です(訳註:日本語(のような感じの言語)版には HTML しかありません):

加えて、このガイドはまた時折、 tradeshows[試写会] および exhibitions[展覧会/博覧会/品評会/学芸会] で 印刷物形態で販売され、全ての収益は the NetBSD Foundation に寄付されました。 On demand 印刷は、いくつかの点でなお役立つかもしれません。 もしあなたがこのドキュメントの printed[出版権] および bound[装丁された] copy の obtaining[獲得]に興味がある(訳作業註??? なんとなく出版権についてって感じになってきたけど、これでいいのかなぁ?) なら、 please contact (訳者註:日本語(のような言語)版は作業者にも連絡を。)

A.2.Guide history

このガイドは、sparse[まばらな] notes のコレクションとして生まれ、 the NetBSD Guide の original 著者である Federico Lupi 氏、 ほとんどが彼自身によって書かれました。 他の NetBSD ユーザーに有益かもしれないと悟った時、彼はそれらの収集を始め、 初版のガイドが groff formatter を使って作られました。 easily に 幅広くいろいろな出力 formats (例 HTML および PostScript/PDF) にするために、彼は SGML/DocBook に移行するという mistake[誤り] をし、 これがソースの current format です。 後に Maintainership[保守作業職] は、 the NetBSD プロジェクトおよびその開発者によって picked up され、そして、後に フォーマットは、より良いツールと カスタム化する過程のノウハウがわずかに多いため XML/DocBook に変更されました。

つぎのオープンソースツールがガイドを書くあるいは format するのに使われました:

  • NetBSD に乗っている vi エディター (nvi).

  • GNOME からの libxslt パーサを XML/DocBook から HTML に変換するために。

  • NetBSD パッケージコレクションから TeX システムを。 TeX は PS および PDF 形式の作成の backend として使われました。

  • 図を書くために tgif プログラムを。

  • gimp および xv プログラムを、 イメージフォーマット間の変換および図への小さな変更を行うのに。

これらのすばらしいツールの開発に関係した全ての人々に Many thanks[大いなる感謝] 。