訳註: これは作業してる最中のもので、本来、訳作業者以外は見えぬべきものです。 訳作業者以外は見ないでください。意味が反対になったりとか当然にあるから、 内容は利用しないでください。この言語への変換作業(翻訳作業)物に関しては、現在、オープンなライセンス条件ではありません。 十進240のコードのキャラクターを<240>に置換してる場合あり
Chapter2.Installing NetBSD: Preliminary considerations and preparations

Table of Contents

2.1. Preliminary considerations
2.1.1. Dual booting
2.1.2. NetBSD on emulation and virtualization
2.2. Install preparations
2.2.1. The INSTALL document
2.2.2. Partitions
2.2.3. Hard disk space requirements
2.2.4. Network settings
2.2.5. Backup your data and operating systems!
2.2.6. Preparing the installation media
2.3. Checklist

2.1.Preliminary considerations

2.1.1.Dual booting

NetBSD は 1つのハードディスクに他のオペレーティングシステム と一緒にいるようにインストールできます。

ハードディスク上に既にオペレーティングシステムがあるなら、 NetBSD のためにいくらかスペースを空けれるか考えましょう; もし NetBSD が他のオペレーティングシステムとディスクを共用するなら、 新しいパーティションを作りたくなることでしょう (これは sysinst で行えます)。たいてい、 既存パーティションのサイズ変更をするまでできない でしょう。

不運にも、 sysinst で、既にあるパーティションの リサイズが不可能でも、 ( Partition Magic のような) 商用製品や いくつかフリーツール(GNU PartedFIPSpfdisk) があります。

外部ハードディスクに NetBSD をインストールすることもできます。

Advice

2つ以上のオペレーティングシステムへのパーティション機構の設定を することが気楽でなく、ミスした場合のデータを失うリスクの理解がないなら、 NetBSD に独特なハードディスクを与えることをお勧めします、 これは既存のオペレーティングシステムへのダメージのリスクを取り除きます。

2.1.2.NetBSD on emulation and virtualization

partitioning についての心配なしに、他のオペレーティングシステムの on top で NetBSD をインストールおよび run することができます。 Emulators や virtualization 環境は NetBSD を試してみるのに速くて安全な方法です。 ホストオペレーティングシステムを変更しないまま残し、 重要なデータへのダメージのリスクが最小化されます。

Xen ホストおよびゲストシステムとしての NetBSD についての情報は NetBSD/xen web page にあります。

NetBSD on emulated hardware web ページは さまざまな emulators および対応 NetBSD プラットホームについての 詳しい情報を提供します。 VMware ゲストとして NetBSD が runs することも noted しておかなければなりません。

2.2.Install preparations

2.2.1.The INSTALL document

NetBSD のインストールの前に最初にすることは、 INSTALL ファイル の1つにある リリース情報およびインストレーションノート(installation notes)を読むことで: これは インストール手順で、プラットホーム-特有の情報および重要な詳細の公式記述で、 形式として HTML 、 PostScript 、プレーンテキスト、 more を用いて読む enhanced text のものがあります。 これらのファイルは NetBSD リリース (インストール CD または FTP サーバー上の) のルートディレクトリーにあります。例えば:

  • ftp://ftp.NetBSD.org/pub/NetBSD/NetBSD-5.0/port/INSTALL.html

2.2.2.Partitions

NetBSD の partitioning に使われる用語は 典型的な DOS/Windows 用語と違っていて; 実際、典型的な PC で NetBSD を running するとき、 2つの分割機構が関わっています。 NetBSD は 4つの primary(基本) BIOS パーティション ( ハードディスクパーティションテーブル で定義されたパーティション)の1つにインストールします。

BIOS パーティション (slice(スライス) とも呼ばれます) 中に、 NetBSD は disklabel を使って BSDパーティションを定義し: これらのパーティションは NetBSD のみから見えて、小文字で識別され ( a から始まり)ます。 例えば、 wd0a は、最初の IDE ディスク (wd0) の a パーティション を参照し、 そして sd0a は最初の SCSI ディスクの a パーティション を参照す。 Figure2.1, “Partitions” では、2つの 基本 BIOS パーティションがあって、1つは DOS が使い、 他方を NetBSD が使います。 NetBSD が disklabel を通したディスク配置を記述します。

Figure2.1.パーティション

パーティション

パーティション c および d の意味は i386 port 特有のものです。 他のほとんどの ports では c は ディスク全体を表します。

もし NetBSD と他のオペレーティングシステムとハードディスクを共用する (前の例のように) なら、 boot manager 、すなわち、 起動時に OS を選ばせるプログラムをインストールしたいことでしょう。 sysinst にこれができて、 ひとつをインストールしたいか訊ねてきます。明確な理由がなければ、 sysinst にこのステップを行わせましょう。

2.2.3.Hard disk space requirements

NetBSD インストールに与えるべき要求される space の正確な量は 利用プラットホームに依存し、また、どの配布セットを選ぶかにより変化します。 大抵、 1GB の free space がハードディスクにあれば、 基本システムの完全インストールに十分な量以上であります。

2.2.4.Network settings

ネットワーク越しで配布セットを取得するプランで( フルサイズのインストール ISO をダウンロードしていれば不要)、 DHCP を使わないなら、ネットワーク基本設定を書き下ろしましょう。 必要なのは:

  • Your IP アドレス (例: 192.168.1.7)

  • ネットマスク (例: 255.255.255.0)

  • default gateway(デフォルトゲートウェイ) の IP アドレス (例: 192.168.1.1)

  • 利用する DNS サーバー の IP アドレス (例: 145.253.2.75)

2.2.5.Backup your data and operating systems!

インストールを始める前に、 利用しているハードディスク上のあらゆるオペレーティングシステムおよびデータの 信頼できるバックアップを確実に取りましょう。 your ハードディスクのパーティション切りでの間違いは、データを失う結果になります。 既存オペレーティングシステムは unbootable になっているかもしれません。 "信頼できるバックアップ" の意味は、バックアップおよび復元手順が試されていて 完全に機能するということです!

2.2.6.Preparing the installation media

NetBSD のインストールシステムは 2つのパートから成ります。最初の パートはカーネルのインストールです。このカーネルは NetBSD インストールプログラム sysinst を含み、および、 CD (または DVD) 、 メモリーカード、 USB フラッシュドライブ、またはフロッピーディスク から booted します。 sysinst プログラムはディスクの支度をし: それはディスク space をパーティションに分割し、 ディスクを起動可能にし、必要なファイルシステムを作ります。

システムインストールの2番目の part はバイナリー 配布セットを準備することで: NetBSD オペレーティングシステムのファイルたち。 インストーラーは配布セットにアクセスできることが必要です。 sysinst は通常あなたが焼いた CD or DVD からこれらのファイルを取得します、が、また、 FTP 経由、 NFS, あるいは local ファイルシステムから取得することもできます。

The NetBSD Project は 対応するハードウェアアーキテクチャーの1つ残らずのに 完全インストールメディアを提供。これは大抵 bootable CD イメージ (.iso ファイル) の形 です。例えば:

  • ftp://ftp.NetBSD.org/pub/NetBSD/iso/5.0/

どうか list of mirrors を見て近くのローカルサーバーをダウンロードに選んでください

2.2.6.1.Booting the install system from CD

bootable NetBSD インストール CD を利用するには、 your ハードウェアのアーキテクチャーの iso ファイルをダウンロード して、 CD か DVD に焼きます。このステップは 独力で取り扱ってください、 burning プログラムによって、はなはだしく変化します。 あなたの計算機がハードディスクより前に CD-ROM から起動するように設定されていることを 確実にし、 disc を入れて、計算機をリブート。

2.2.6.2.Booting the install system from floppy

インストールフロッピーを作る必要があるなら、フロッピーイメージをディスケットにコピー します。フロッピーイメージは NetBSD FTP サーバーや NetBSD インストール CD にあります。 DOS でこの作業を行うなら、 i386/installation/misc ディレクトリーにある rawrite プログラムが使えます。 Windows 用は rawr32.zip の中にあります。 イメージファイルは i386/installation/floppy/boot1.fs および i386/installation/floppy/boot2.fs通常 の PC のインストール用です。 他のフロッピーが利用可能で、より詳細 が INSTALL ドキュメント に記述されています。

フロッピーに boot イメージを書く前に、 フロッピーが good かいつもチェックすべきで: この単純なステップ はしばしば見逃されますが、沢山のトラブルから救われるでしょう!

フロッピーに書き込む手順は:

  1. フロッピーをフォーマットする。

  2. CD-ROM の I386\INSTALLATION\FLOPPY ディレクトリーに行く。

  3. ..\MISC\RAWRITE プログラムを実行(あるいは Windows システム上なら ..\MISC\RAWR32.ZIP を展開 し、その中の RAWRITE32 プログラムを run)。 通常、 Source fileには BOOT1.FS および BOOT2.FS を、 Destination drive は A:

Unix 環境で boot フロッピーをつくるには、 dd コマンドが使え: 例えば:

# cd i386/installation/floppy
      # dd if=boot.fs of=/dev/fd0a bs=36b

1440K フロッピーは 1474560 bytes あり、 80 cylinders, 2 tracks, 18 sectors and 512 bytes per sector で 仕立てあげされています。すなわち、 80 * 2 * 18 = 2880 blocks. このように bs=36b は 一度に 1 cylinder (18 * 2 blocks) をコピーし、 2880 回の代わりに 80 回 operation を繰り返します。

2.3.Checklist

さて、はっきりさせたり on-hand すべきな事柄についてのチェックリストは:

  • 使えるディスク space

  • インストールシステムでの起動可能メディア

  • 配布セットのある CD/DVD かサーバー

  • Your ネットワーク情報 ( DHCP を使わずにネットワーク via で配布セットを取得するときだけ)

  • A working バックアップ

  • INSTALL ドキュメントの印刷出力