訳註: これは作業してる最中のもので、本来、訳作業者以外は見えぬべきものです。 訳作業者以外は見ないでください。意味が反対になったりとか当然にあるから、 内容は利用しないでください。この言語への変換作業(翻訳作業)物に関しては、現在、オープンなライセンス条件ではありません。 十進240のコードのキャラクターを<240>に置換してる場合あり
Chapter4.Upgrading NetBSD

Table of Contents

4.1. Overview
4.2. The INSTALL document
4.3. Performing the upgrade

4.1.Overview

この章では NetBSD システムのバイナリーアップグレードを記述します。 アップグレードするには、何らかのメディア (CD-ROM 、 USB ドライブ、フロッピー、 等) から起動可能であることと、少なくても base および kern 配布セットが必要です。 ファイルが既にシステムにインストールされているのは、同じ場所に上書きされるので、 以前のインストールに存在しなかったファイル、または、リリース間で 大きくなったセットの分だけ追加の free space が必要です。 大抵、これは数メガバイトより大きくはありません。

アップグレードは、カーネル、ブートブロック、 および システムバイナリーのほとんどの置き換えを必要とするので、 データの紛失を起こす可能性があります。 始める前に、NetBSD パーティション上あるいは、 ディスク上のいかなるほかのパーティション上の あらゆる重要なデータのバックアップを取ることを強く助言します

アップグレード手順はインストールに似てますが、 ハードディスクパーティション切りはありません。 sysinst は、 あなたの /etc ディレクトリーに蓄えられている設定と、新しい version の NetBSD の merge 併合を試みようとします。 また、セットの unpacking開梱の前にファイルシステムがチェックされます。 バイナリーセットの取得は、インストール手順と同じ方法です。

4.2.The INSTALL document

アップグレードを行う前に INSTALL ファイルの1つにある リリース情報および upgrading ノート を読むことが最も重要なことで: これは platform 特有 情報および重要な詳細つきのアップグレード手順の公式な記述です。 NetBSD リリース (インストール CD 上または FTP サーバー上)のルートディレクトリーにあります。

INSTALL ドキュメントの印刷出力は薦める価値があるものです。 4つの formats が利用可能で: .txt 、 .ps 、 .more 、および .html です。

4.3.Performing the upgrade

次の節は バイナリーアップグレード工程の概観を提供します。以下のほとんどの sysinst dialogs はインストール工程のと似ています。 より詳細な記述および dialogs の説明は Chapter3, Example installation にあります。

インストール時に使う言語とキーボード type の選択のあと、メインメニューが現れます。 b: Upgrade NetBSD on a hard disk オプションを選ぶことでアップグレード工程が始まります。

Figure4.1.Starting the upgrade

Starting the upgrade

Figure4.2, “Continuing the upgrade” のダイアログではアップグレードを続ける許可を要請してきます。この時点では、まだ何も変更されず、 アップグレードはまだキャンセルできます。これはあなた自身にバックアップを とるかを問い掛ける良い時で、それをはっきり知っていれば元に戻すことができます。

Figure4.2.Continuing the upgrade

Continuing the upgrade

続けるために Yes を選択した後、 次の dialog でアップグレードする NetBSD システムのハードディスクを指定するよう 訊ねてきます。もし、1つより多くのディスクが 利用できるなら、 ディスクのリストが表示されます。

Figure4.3.Choosing the hard drive

Choosing the hard drive

この例で使われているシステムではハードディスクは1つだけ 利用可能で: wd0.

次の dialog は、インストールの type を選ぶメニューを提供し、 選択肢は Full installation, Minimal installation 、または Custom installation です。

Figure4.4.Choosing the distribution filesets

Choosing the distribution filesets

この時点で、 sysinst は 完全無欠さを確実にするためにファイルシステムのチェックをします。

Figure4.5.File system check

File system check

次の step は、インストールするブートブロックの type の選択。

Figure4.6.Choosing bootblocks

Choosing bootblocks

次の dialog は、配布セットの extraction 中、 どれくらいの情報を表示すればよいかの質問です。

Figure4.7.Upgrade process - verbosity level

Upgrade process - verbosity level

つぎの dialog asks インストール方法の選択、 そして、可能なオプションの一覧を provides 。 インストールメディアは 新しい NetBSD 配布セットが入っているものでます。 選択したオプションによって異なる情報が be prompted ます。 例えば、 CD-ROM または DVD インストールでは、利用するデバイスおよび セットが入っているディレクトリーの指定を求められ、 FTP インストールでは、ネットワークの設定および FTP サーバーのホスト名の指定が要求されます。より details は Section3.10, “Choosing the installation media” に。

Figure4.8.Install medium

Install medium

sysinst はこの時点で配布セットを unpack し、 古いバイナリーを置き換えます。これらのセットを unpacking 後、 いろいろなことを片付けるために postinstall スクリプトを runs します。問題が起こらなければ、完了っす。もし postinstall がエラーを出せば、 手動で問題を解決する必要があります。更なる情報は postinstall の man page を御覧ください。 アップグレードについて、 INSTALL にある そこに文書化された特有の互換性問題の注意を読んでおくべきです。

Figure4.9.Upgrade complete

Upgrade complete

メインメニューに戻ったら、起動メディアを取り出し (もし 当てはまれば)、そして reboot. 新しい version の NetBSD を楽しんで!