訳註: これは作業してる最中のもので、本来、訳作業者以外は見えないものです。 訳作業者以外は見ないでください。意味が反対になったりとか当然にあるから、 内容は利用しないでください。 Chapter6.Regression testing

Table of Contents

6.1. Testing file systems

回帰テスト[Regression testing:リグレッションテスト] は、 ソフトウェアー開発の重要な部分です。 あいにく、 NetBSD は一貫した回帰テスト framework を持っていません。各サブシステムはどんな形態か自前のテストセットを定義し、 それが自身のストレステストをする事を望んでいます。

この章は、システムの異なる部分のテスト法の幾つかの指針を提供しますが、 全体回帰テスト framework は 何らかもっと良いものに置き換えられるべきである事をどうか覚えていてください。

XXX: この章は極端に不十分です。現在含まれるのは Chapter2, File system internals のドキュメントに対応するものですが他は何もありません。

6.1.Testing file systems

ファイルシステム試験は特に重要で、 カーネル空間内で働くからで; いかなる予期せぬ failure も大抵は重大で、 システム全体を使用不能にします。また、テストには、 文字通り何百もの minor details があるため、誰も回帰に苦しめれらるべきではありません。

与えられたファイルシステムへのテストは、 src/regress/sys/fs/ の後にその名前を付けたディレクトリー に入っています。例えば、 tmpfs テストスイート[suite]は src/regress/sys/fs/tmpfs/ にあります。 一般的に、このディレクトリーは Makefile を伴い、 その regress ターゲットは 全テストを自動的に実行します。

このテキストの著者は、あなたがチェックしたい各機能について、個々の、そして 独立したテスト tests を追加する事、そして、これらの中に 全機能が works を確実にするのに必要な多くのサブテストを 追加する事を示唆しています。例えば、 mkdir vnode 操作を verify したいなら、 mkdir(1) コマンドを通して その機能性をチェックする t_mkdir スクリプトを書きます。 このスクリプトは、ディレクトリーが作れられるか、上書きされないか、 リンクカウントが正しく更新されるかなどをチェックします。

tmpfs には一般テストの良いセットが付いていて、 他のファイルシステムに再利用できます。